入居費を抑える工夫|滞在期間で選ぶならウィークリーマンションを利用しましょう
間取り図

滞在期間で選ぶならウィークリーマンションを利用しましょう

入居費を抑える工夫

間取り図

賃貸物件を探す際に、目につくのが敷金と礼金の費用負担でしょう。大体の場合において家賃何か月分となっている場合が多く、その費用負担はばかになりません。そうした負担を抑えることができれば、入居者も集めやすいことから、現在では敷礼0という賃貸物件も増えてくるようになっています。敷礼0を設定している物件は、短期の退去時に発生する違約金特約が設けられていたり、家賃を相場よりも少し割高に設定していたりすることで、その費用分を回収しています。それでも入居者側にとっては十分なメリットがあるわけですが、入居にあたっては、原状回復の負担や、保証会社への加入の有無、あるいは特約などの取り決めについては、しっかりと確認しておくことが大切です。

退去時に発生する違約金や保証会社への加入義務等で多少面倒や負担があったとしても、総合的に見れば敷礼0の方がメリットが大きいという場合がほとんどです。特に地方等は地域によっては、敷金・礼金の相場が首都圏の数倍ということも珍しくありません。家賃半年分というのも平気でありますので、なるべく敷礼0の物件を探したいところです。現在ではインターネットの賃貸物件検索サイトを利用することで、敷礼0の物件は簡単に見つけることができるようになっています。検索項目が設けられていることがほとんどですので、敷礼0にチェックを入れて探せばいくらでも物件をヒットさせることができるでしょう。賃貸情報雑誌でも特集が組まれていたり、不動産会社でも専用のコーナーを設けていることもありますので、そうしたものを積極的にチェックするようにしましょう。